院長コラム リンガルとともに33年
1990年代編|裏側矯正の発展期
進化を遂げる裏側矯正システム
 90年代は裏側矯正専門のクリニックも日本には当院のほかにはほとんどなく、世界でもそう多くはなかったはずです。世界でも裏側矯正を専門に治療しているドクターは私のほかにはゴーマン、カーツ、スミス、フィリオンくらいでした。カーツ、ゴーマンはよく日本に来て講習会を開いていました。
 日本に最初にやってきたのはスミスで86、7年頃でしたが、私もリンガルの症例数が増えてきた頃で、すでにスミスと同じくらいあったと思います。スミスにいくつか症例を見せたところ、こんな難しいケースがあるのかと驚かれたという記憶があります。日本人はあごが小さいので歯並びが悪い症例が多く、アメリカ人にはそんなひどい症例は少ないのです。私は抜歯の症例を多く手がけていたので、抜歯症例のシステムでは独自のシステムを構築していました。
 現在では裏側矯正は特別な治療ではなくなっていますが、それだけ裏側矯正のできるドクターが増えてきて治療が身近になったからにほかなりません。確かに当院からもドクターが何人も独立し、講習会の参加者も国内だけで2千人以上にのぼっていると思います。昔に比べれば、裏側からの治療そのものが格段にやさしくなっていて、講習会ではそうした最新の治療法もすべて情報提供しています。競争相手をつくりすぎたのではとよくいわれますが、当院がもっと先に進めばよいだけのことなので、多くのドクターが育ち、患者さんがより良い治療を受けられれば、それに勝ることはないと思っています。

 
 
 
 
 
 
 
  • Mobile Site
  • 携帯QRコード
  • Link Site
  • World Society of Lingual Orthodontics
  • 大人のための裏側矯正歯科
  • 歯科矯正STbネット
イーライン矯正歯科
〒102-0074
東京都千代田区九段南2-5-7
Phone : 03-3264-8814
Fax : 03-3264-8831
 
 
Copyright© 2001-2017 E-LINE All Rights Reserved.