初診相談では実際に治療を担当するドクターが対応いたします。治療方法等についての詳しいご説明ができますのでなんなりとご質問ください。検査終了後は、患者さまの検査結果に基づいて治療計画をたてます。その後、最終的なゴールとなる患者さまの歯列の模型(セットアップ模型)を作成しますので、治療によってどう歯並びが変わるのかを事前に確かめることができます。
それぞれのケースにより、治療期間や費用は異なります。 まず、ご相談ください。
1. 初診相談 約30分
歯並びに関して気になっていること、お悩みなどをおうかがいすると同時に、治療に対するご要望などをお受けします。当院では矯正治療専門のドクターが対応いたしますので、実際の治療の具体的な内容についてもご説明することができます。わからない点、心配されている点などお気軽にご相談ください。
 
2. 検査 約1時間
治療に際して患者さまの口腔内の検査を行います。検査内容は口腔内写真撮影、レントゲン撮影(デジタルレントゲン装置を使用)、CT撮影、上下の歯型の採取、噛み合わせの検査などです。デジタルレントゲン及びCTは歯科用低線量の装置ですので被爆に関しての心配はありません。
 
3. 治療計画のご説明 30分〜1時間
検査結果をもとに、最善かつ最短な治療計画をたてます。 患者さまから採取した歯型から模型を作成して、それをお見せしながら具体的な治療方法や期間をご説明します。費用や支払方法などについてもこの時点でご説明しますので、わからない点はなんでもご質問ください。患者さまにご納得して治療を受けていただけるよう十分に話し合いを重ねて治療を決定します。
 
4. 歯磨き指導・口腔内清掃 1時間〜
治療に入る前の重要なステップに歯磨き指導及び、口腔内清掃があります。 治療期間中にムシ歯や歯周病にならないよう正しい歯磨きの方法を歯科衛生士がご説明しますのでしっかりと覚えてください。このあと口腔内を清掃して装置を着ける準備をします。
 
5. 矯正装置装着 2時間
矯正装置を装着します。
口の中に使う装置は歯を正しい位置へ移動させるために、適切な力がかかるように設計されています。装置は一本一本の歯に接着させますが、すべての歯に装着するまでに約2時間かかります。この装置が歯や歯ぐきを傷つけることはありません。
 
6. 歯の移動期間 1年〜2年半
装置装着後は4~8週間ごとに来院していただき、装置の調整を行います。治療内容にもよりますが、1回にかかる時間は15分から1時間程度です。
治療期間は、患者さんの顔の骨格や歯並びの難易度によって大きくかわりますが、目安としては、でこぼこな歯並びの患者さんの場合、1年から2年半くらいかかります。最新のALIAS装置では、毎回の調整にかかる時間及びも治療期間も以前に比べて短縮され、痛みなども軽減されるなど患者さまのご負担が格段に軽減されています。詳しくは診断時にご説明いたします。
 
7. 保定と定期検診 1年半〜2年半
歯の移動が完了すると、すべての装置をはずして治療終了となります。これ以降は保定といって、移動した歯のあと戻りを防ぐためにリテーナーという着脱できる保定装置を装着していただき、歯列を安定させます。歯列の安定には約2年前後かかります。装置をはずしたあとは3ヶ月から半年に1回、受診していただき、歯列や噛み合わせのチェック、口腔内清掃など定期検診を受けていただくようにしています。
 
 
 
 
 
 
  • Mobile Site
  • 携帯QRコード
  • Link Site
  • World Society of Lingual Orthodontics
  • 大人のための裏側矯正歯科
  • 歯科矯正STbネット
イーライン矯正歯科
〒102-0074
東京都千代田区九段南2-5-7
Phone : 03-3264-8814
Fax : 03-3264-8831
 
 
Copyright© 2001-2017 E-LINE All Rights Reserved.