E-LINEが裏側矯正を専門にする理由
1980年代、表側からの矯正が盛んに行われていた頃、裏側矯正が日本はもとより、世界でなぜ普及しなかったのかといえば、装置の問題や治療の複雑さ、難しさなどがありました。一方で、患者さまの見えない装置への要望は根強く、院長の竹元はそうした患者さまの要望になんとか応えたいと単身渡米し、当時アメリカで行われていた裏側矯正治療の開発チーム(アメリカの矯正メーカーの最大手であるオームコ社)の一員となり、治療法を共有してきました。帰国後はアメリカで吸収してきた装置やテクニックをもとに、より機能的で患者さまにとって快適な独自の装置の開発に取り組みました。さまざまな試作装置を作り、試行錯誤を重ねながら、ついに表側の治療と遜色のない治療結果を得ることのできるシステムの完成に漕ぎ着けました。
 
その後裏側の矯正治療が実現し、患者さまにはたいへん喜んでいただけたのですが、80〜90年代の裏側からの治療にはいくつかの難点があったことも事実です。それは装置を歯の裏側に着けるため、口腔内のスペースが狭くなって違和感が感じられることや発音がしにくかったり、食事のときに装置が気になる、歯磨きがしにくいなどの点です。とくにお子さんの場合はあごが小さいため、大人よりも装置が大きく感じられていたのではないでしょうか。ただ、こうしたことも装置を着けて数日から数週間で慣れていきますが、 “見えない”という最大のメリットを活かすために、快適性をある程度、犠牲にしていたといわざるをえません。裏側の装置はできるだけ小さくて薄い方がよいということはわかっていても、当時はそうした装置はどこにも存在せず、表側同様の大きな装置で治していたからです。
 
超小型裏側矯正装置 S.T.b.
こうした難点を解消するべく、院長竹元は研究・開発に心血を注ぎ、2000年についに「S.T.b.」という装置を誕生させました。“S.T.b.” という名称はScuzzo.Takemoto.bracketの頭文字を取ったもので、院長竹元の親友であるイタリアの矯正医Dr.Scuzzoと共同開発によって完成した装置です。
 
S.T.b.は超小型裏側矯正装置であり、“最も薄く違和感の少ない装置”であり、見えないということと、快適性とを両立させた画期的な装置といえます。S.T.b.は長年の舌側矯正の悩みを解消する装置として、世界で最も大きな矯正歯科材料メーカーであるOrmco(オームコ)社(アメリカ)を通して世界で販売され、日本ばかりでなく世界中から支持を受け、舌側矯正が世界的に広まる起爆剤ともなっています。
 
さらに進化した「ALIAS」
いよいよ2015年にアメリカの最大手の矯正材料のメーカー、Ormco(オームコ社)より、全世界に向けて発売になります。
オームコ社からは商品名を「ALIAS(アリアス)」として発売になりますが、当院ではすでに2011年よりALIASのプロトタイプを使用して治療を行っております。
院長竹元が2000年に「S.T.b.」を開発して以来15年、常に「患者様に違和感のない舌側矯正装置を」というコンセプトと、「スクエアスロット」「ストレートワイヤー」「セルフライゲーション」を兼ね備えた「ALIAS」は、世界の矯正医が待ち望んでいた、まさに究極の舌側矯正装置の発売となります。
また、今回の「ALIAS」発売を記念し、2015年9月には、セミナーを開催致します。
 
 
 
 
 
 
 
 
  • Mobile Site
  • 携帯QRコード
  • Link Site
  • World Society of Lingual Orthodontics
  • 大人のための裏側矯正歯科
  • 歯科矯正STbネット
イーライン矯正歯科
〒102-0074
東京都千代田区九段南2-5-7
Phone : 03-3264-8814
Fax : 03-3264-8831
 
 
Copyright© 2001-2017 E-LINE All Rights Reserved.