イーライン矯正歯科 スタッフブログ

 
  • Blog Top
  • 子どもの矯正歯科治療について。
18.10.12
矯正歯科について
 
子どもの矯正歯科治療について。

 

みなさまこんにちは。

本日は、『子どもの矯正歯科治療について』お話させて頂きます。

 

子どもの矯正歯科治療は2段階に分かれています。

 

 

・第1期治療

乳歯と永久歯の生え変わり時期(年齢的には6歳~9歳頃)に行う治療のことです。

永久歯がスムーズに萌出できるように、上下の顎のバランスをコントロールする等の土台作りをおこなう事がメインです。装置を装着している期間は、6ヶ月~1年半ほどで土台のコントロールが終わった後は、全ての永久歯が生えてくるまで(12歳前後)経過観察を行ないます。

 

 

・第2期治療

永久歯が生えそろった後は、矯正装置(矯正ブラケットやワイヤー)を使用して本格的に歯並びを治していきます。基本的には成人の方と同じ治療となり歯並び、噛み合わせをしっかりと作り上げていきます。

第1期の治療を行なったことによって、抜歯の必要がなくなったり装置の装着期間が短くなる等のメリットがあります。

 

当院では、お子さまの第2期治療を裏側矯正で行うことが出来ます。

思春期の多感な時期に表側矯正装置を使いたくないというお子さまにとっては、裏側からの矯正治療は精神的なストレス緩和につながります。

 

 

歯の生え変わりには個人差があるため、治療のスタート時期は1人1人異なります。

初診相談時には治療スタートの1番良い時期を検討しご説明します。

 

どうぞお気軽にご相談ください。

 

 

 
  • STb-SL
  • WSLO
  • イーライン矯正歯科
  • セミナー
  • 口腔内写真
  • 定期健診
  • 技工士
  • 歯磨き
  • 歯科
  • 痛み
  • 矯正歯科
  • 矯正装置
  • 竹元矯正歯科
  • 舌側矯正
  • 虫歯
  • 衛生士
  • 裏側矯正
  • 雑誌
 
 
 
 
 
  • Link Site
  • World Society of Lingual Orthodontics
  • 大人のための裏側矯正歯科
  • 歯科矯正STbネット
イーライン矯正歯科
〒102-0074
東京都千代田区九段南2-5-7
Phone : 03-3264-8814
Fax : 03-3264-8831
 
 
Copyright© 2001- E-LINE All Rights Reserved.