EE-LINE / Tokyo 舌側矯正(裏側)のイーライン矯正歯科

contact

scroll

未来の私は、
本来の私だ。

Message

ひそかに。あせらず。
いつものように生活しながら、
着実にととのえていく。

めざすのは、ただきれいなだけではなく、
本来あるべき正しい口もと。
なぜなら、その自然な美しさは
すこやかな毎日にもつながっているから。

イーライン矯正歯科は、
リンガル矯正のパイオニアとして
一人ひとりの未来と向き合っていきます。

※リンガル矯正とは、歯の裏側に「リンガルブラケット(舌側矯正
装置)」を装着しておこなう、目立たない矯正治療のことです。

舌側矯正について Concept & Method

歯科矯正がめざすもの

矯正治療は、一般的には「歯並びをきれいにする」というイメージしかありませんが、正しくは3つのものを治しています。さらには美容面だけでなく、虫歯や歯周病から歯を守ることで、かむことによる身体の健康管理にもつながっているのです。

  • 歯並びとかみ合わせを治します

    上の歯と下の歯がかみ合っていなかったり、奥歯はかみ合うものの前歯が開いたまま(開咬)だったり、受け口(反対咬合)だったりと、不正咬合と呼ばれる症状はさまざまです。矯正治療の基本は、こうした歯並びをととのえ、きちんとかむことができるよう、上下の歯のかみ合わせを治していきます。
  • より自然な表情に近づきます

    上下の歯が正しくかみ合うことで、たとえば口もとが出ている方は上唇の突出感がなくなり、横顔がきれいに整います。また、治療前はあごの筋肉の緊張があって全体的に硬い表情であった場合も、治療後は口もとの緊張がとれ、より自然な表情になり、やわらかな雰囲気になることが多いようです。
  • あごを治します

    矯正治療では歯並び、咬み合わせを治していきますが、場合によっては外科手術を併用することで骨格から治していくこともあります。

目立たず、しっかり、ととのえる。
「リンガルブラケット
矯正装置(ALIAS)」
小型化と効率性、
身体への低負荷を追究した集大成

リンガルブラケット矯正装置(ALIAS)は、小型化と高機能をかねそろえた舌側(裏側)矯正装置。「目立たない」という舌側矯正のメリットをきわめつつ、「的確な歯のコントロール」「負荷の低減」「日常の快適さ」を追究したリンガルブラケットの集大成です。イーライン矯正歯科の院長・竹元京人みずからが35年の臨床経験をもとに研究開発し、現在では舌側(裏側)矯正装置のメインストリームとして普及しています。

  • 見えにくい

    歯の裏側に小さな装置を着けるので目立ちません。
  • 低負荷で的確に

    負荷を抑えて効率よく歯の動きをコントロールします。
  • 気にならない

    違和感が少なく、すぐに慣れ、日々のケアも気楽に。

小型化と高機能を両立。
より精密な歯のコントロールが可能に。
リンガルブラケット矯正装置(ALIAS)の特長

  • スクエアスロット

    ワイヤーを通すスロットの形状を、従来の長方形から正方形に。むだな遊びがなく、360度どの方向にも力がかけられるため、精度の高い三次元コントロールが可能になりました。
  • セルフライゲーションブラケット

    開閉式フラップを採用。ブラケットとワイヤーの摩擦抵抗(フリクション)を少なくすることで、弱い力で効率よく歯を動かせるようになりました。身体への負担も軽減されます。
  • ストレートワイヤーシステム

    ワイヤーの屈曲調整が不要なので、合理的かつスムーズに治療が進められます。舌感も向上し、話しづらさも改善。歯みがきもしやすいため、口腔内を清潔に保つことができます。

「スクエアスロット」「ストレートワイヤーシステム」は、独自の技術として特許取得されています。

矯正治療中の注意事項
およびリスクや副作用について

歯の矯正治療において、よりよい治療結果を生むためには、患者さまの十分なご理解とご協力が欠かせません。
当院では、みなさまに安心して安全な治療を受けていただけるよう、リスクや副作用についてあらかじめご説明し、ご理解いただいたうえで治療をおこなっております。
リスクや副作用については下記の通りですが、かならずしもこうした症状が生じるわけではありません。

  • 矯正装置装着後または通院調整後に、個人差がありますが、歯痛発音障害口内炎等が生じることがあります。通常3~10日で治りますのでご安心ください。
  • 装置と装置の間は磨き残しが生じやすいため、十分な歯磨きが出来ていないと虫歯歯周病歯髄炎の原因となります。そのため、矯正治療中は歯磨きをきちんとおこなっていただき、一般歯科での定期検診も推奨しております。また、歯髄炎は外傷や硬いものを咬んだ衝撃でも起こる可能性があります。
  • 治療中に歯根吸収(歯根が短くなること)や歯肉退縮歯のすり減りが生じたり、装置除去時にエナメル質に微小な亀裂が入ることがあります。可能性のある方には治療開始前にくわしくご説明いたします。
  • 顎関節の音や痛み、口が開けにくい等の顎関節症状が出ることがあります。当院では、症状が強い方へは専門医をご紹介させていただいております。
  • 矯正装置を装着することで、金属アレルギーの症状が出ることがあります。ご心配な方は金属アレルギーテストを受けることをお勧めしております。
  • 骨格のズレが大きく矯正治療だけでは治療不可能な場合や歯が顎の骨とくっついている(癒着している)場合は、口腔外科の専門医をご紹介し外科手術併用の治療をご提案させていただくことがあります。
  • 歯の動くスピードには個人差がありますので、予定していた治療期間が延長する場合があります。また、患者様のご協力の度合いも治療期間や結果に影響してまいります。
  • 矯正治療後は、歯の後戻りを防ぐために保定装置を使用していただきます。保定装置の使用をやめてしまうと歯が動いてしまい、再治療が必要になることもあります。また、顎の成長や歯周病、舌癖、加齢変化なども後戻りの原因となりますので、当院では保定装置の長期的なご使用をおすすめしております。

矯正治療は一度始めると元に戻すことは難しくなりますので、安心安全な治療を受けていただけますよう、みなさま一人ひとりに事前にご説明しております。ご不明な点やご不安などがありましたら、どうぞ当院のスタッフまでご相談ください。

当院について About us

ドクター紹介

当院の歯科医師は、竹元院長をはじめ全員がリンガルブラケット矯正について熟知したスペシャリストです。歯科衛生士、歯科技工士、受付スタッフも一丸となって日々の治療にあたっています。

院長 竹元 京人

世界舌側矯正歯科学会(WSLO)の発足メンバーであり初代大会長を務める。アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど世界各国で舌側矯正について講演、講習会をおこなうなど、舌側矯正(裏側矯正)を最前線で牽引する第一人者。

役職
World Board of Lingual Orthodontists(WBLO現会長)
イタリアフェラーラ大学 客員教授
英国王立エジンバラ大学医学部 M-Ortho examiner, Fellow

所属学会
世界舌側矯正歯科学会(WSLO専門医、元会長、創設理事)
ヨーロッパ矯正歯科学会(EBO専門医)
日本矯正歯科学会(臨床指導医)
日本成人矯正歯科学会(臨床指導医、総合指導医)
日本舌側矯正歯科学会(認定医)

経歴
1979年 東京歯科大学卒業
1979年 東京医科歯科大学歯学部矯正科入局
1983年 竹元矯正歯科開業
1988年 イーライン矯正歯科開業

副医院長 竹元 彩

日本歯科大学 卒業
イタリアフェラーラ大学 矯正専門課程修了
世界舌側矯正歯科学会 (認定医)
ヨーロッパ舌側矯正歯科学会(認定医)
日本舌側矯正歯科学会
日本矯正歯科学会
日本成人矯正歯科学会

副医院長 竹元 唯

日本歯科大学 卒業
イタリアフェラーラ大学 矯正専門課程修了
世界舌側矯正歯科学会(認定医)
ヨーロッパ舌側矯正歯科学会 (認定医)
日本舌側矯正歯科学会 (認定医)
日本成人矯正歯科学会 (認定医)
日本矯正歯科学会

武井 純子

昭和大学歯学部卒業
世界舌側矯正歯科学会(認定医)
日本矯正歯科学会
ヨーロッパ舌側矯正歯科学会(認定医)

矢崎 諒太

神奈川歯科大学卒業
世界舌側矯正歯科学会(認定医)
日本矯正歯科学会(認定医)
ヨーロッパ舌側矯正歯科学会(認定医)

松澤 匡純

鶴見大学歯学部卒業
日本矯正歯科学会(認定医)
世界舌側矯正歯科学会(認定医)

松浦 毅士

東京医科歯科大学卒業
日本矯正歯科学会

スペシャリストが一丸となって、
質の高いチーム医療を提供。

リンガルブラケット矯正装置(ALIAS)は、小型化と高機能をかねそろえた舌側(裏側)矯正装置。「目立たない」という舌側矯正のメリットをきわめつつ、「的確な歯のコントロール」「負荷の低減」「日常の快適さ」を追究したリンガルブラケットの集大成です。イーライン矯正歯科の院長・竹元京人みずからが35年の臨床経験をもとに研究開発し、現在では舌側矯正のメインストリームとして普及しています。

  • 舌側(裏側)矯正治療のスペシャリスト

    イーライン矯正歯科の歯科医師は院長をはじめ、それぞれが矯正歯科・舌側矯正のスペシャリストであり、リンガルブラケット矯正のエキスパートです。さらに、歯科衛生士、歯科技工士といったスタッフも、全員が使用する矯正装置に習熟しているため、非常に高い治療水準をかなえています。これは、リンガルブラケット矯正装置(ALIAS)を開発した当院だからこそ可能なことであり、唯一無二のクオリティを達成しているといえるでしょう。
  • きめ細やかなカウンセリング

    詳細な診療データをもとに、顎の骨格、歯根の位置、歯列、身体的特徴などをふまえ、歯科医師が医療の見地から適切な治療計画をご提案します。レントゲン画像や3DCTデータ、光学スキャニング画像はもとより、治療前後の横顔や口もとのシミュレーション・イメージ、さらには最終形としての歯列模型(セットアップ)なども確認しながら、納得のいくまで綿密なカウンセリングがおこなわれます。
  • すべてはあなたの笑顔のために

    一人ひとりの治療計画は、院長を中心とした歯科医師全員でディスカッションを重ねて検討されます。その方針は、歯科衛生士、歯科技工士、受付、といったすべてのスタッフに共有され、ひとつのチームとして患者さまと向き合うことになります。知識と経験を集積し、つねに目的とプロセスを共有し、スペシャリストとして連携する。チーム医療ならではの対応力を活かして、めざすゴールまでの道のりを支えていきます。
  • 歯科技工ラボを院内に併設

    治療に用いられる矯正装置や歯列模型は、すべて院内に併設された歯科技工ラボで製作されています。このことにより、歯科医師と歯科技工士の緊密かつ細部まで踏みこんだコミュニケーションが可能になりました。また、歯科用3Dプリンターなどのデジタル対応設備も早くから導入され、診療データの共有や日々のアップデートによって、さらなる対応スピードと精度の向上が図られています。

治療の精度を高めるために
デジタル診療を活用しています。

イーライン矯正歯科ではデジタル診療を積極的に導入しています。技術革新が進んで検査の精度が高まれば高まるほど、より適切な治療計画にもとづいた、より安全な歯科矯正を提供することができるからです。当院の精度の高い矯正治療は、日々アップデートされるデジタル機器・設備によっても支えられているのです。

  • 歯科用3DCT

    三次元の高精度データが得られる歯科用3DCT(コンピュータ断層撮影装置)を導入。歯の位置や顎まわりの骨を立体的に把握することで、精密な診断にもとづいた、より安心で効率のよい矯正治療を可能にし、治療にともなうリスクを避けることができます。レントゲンではわからない細部まで正確に把握できるため、歯科医師による精密な診断にもとづいた、適切で安全な矯正治療が可能になります。

  • 3D光学スキャナー

    もっと早く。もっと正確に。3D光学スキャナーを使えば、従来のように口の中に印象材を入れることなく、精度の高い歯形データを採集することができます。数値はデータベースに保存され、3Dプリンタなどの機器とシームレスに連携することで、検査から治療までの時間が短縮されます。

  • 歯科用3Dプリンタ

    3DCTや光学スキャナーとともに歯科用の3Dプリンタも早くから導入され、技術革新にともなって逐次アップデートされています。光学スキャナーで読み取った歯形データは、すぐに歯科技工ラボに送られ、データベースとして保存されるとともに、歯科医師の指示のもと歯列模型(セットアップ)として3D出力されます。

  • 診療データベース

    毎回の診療・調整時には、口腔内の写真撮影がおこなわれます。この画像は診療データとともにデータベース化され、次回の診療時に比較することで治療の進行具合を確認することができます。歯列の変化が手に取るようにわかるので、達成感が得られるとともに、モチベーションの維持にもつながります。

治療の進め方 Steps

無理せず、的確に、健やかに。
ともに歩むパートナーとして。

初診相談では歯科医師が基本的な治療方法について丁寧にご説明します。最新機器による詳細な検査データをもとに歯科医師が話し合いを重ね、一人ひとりにベストな治療方針をご提案します。適切な矯正治療には相応の時間がかかります。当院は理想の笑顔をかなえるためのパートナーとして、患者さまと二人三脚で歩んでいきたいと願っています。

  1. 1

    初診相談
    [ 約30~60分 ]

    歯並びに関して気になっていること、お悩みなどをうかがうと同時に、治療に対するご要望などもうけたまわります。当院では矯正治療専門の歯科医師がカウンセリングするので、実際の治療における具体的な内容についてもくわしくご説明できます。また、受付もトリートメントコーディネーターとして、使用する装置や治療費についてしっかりと把握しているので、どうぞお気軽にご相談ください。
  2. 2

    検査
    [ 約1時間 ]

    治療に先立ち、口腔内の検査をおこないます。検査内容は、口腔内写真撮影、デジタルレントゲン撮影、3DCT撮影、光学スキャナー、かみ合わせの検査などです。尚、光学スキャナーにて歯形を採取し歯列模型をおつくりするので、印象材が苦手な方でも問題ありません。また、デジタルレントゲン・3DCTの撮影は、歯科用の低線量装置となっています。
  3. 3

    治療計画のご説明
    [ 30分~1時間 ]

    検査結果をもとに、一人ひとりに最適な治療計画を立てていきます。レントゲン画像、3DCTデータ、治療前後の横顔や口もとのイメージなどをお見せしながら、具体的な治療方法や期間についてご説明します。費用やお支払方法についてもこの時点でお話ししますので、なんでもご質問ください。納得して治療を受けていただけるよう、充分に話し合いを重ねたうえで治療計画を決定します。
  4. 4

    歯磨き指導&口腔内清掃
    [ 1時間~ ]

    治療に入る前の重要なステップとして、この歯磨き指導と口腔内清掃があります。矯正装置を装着する治療期間中に、虫歯や歯周病にならないよう、歯科衛生士が正しい歯磨きの方法をご説明するので、しっかりと覚えてください。その後、口腔内を清掃して矯正装置を着ける準備をします。
  5. 5

    矯正装置の装着
    [ 約2時間 ]

    リンガルブラケット矯正装置(ALIAS)を装着します。歯の裏側に着ける装置は、歯を正しい位置へ移動させるために適切な力がかかるよう設計されています。一本一本ていねいに接着させていきますが、すべての歯に装着するまでに90分程度を要します。さらに最初の装置装着時は、歯みがきのブラッシング方法も含めしっかりとご説明いたしますので、トータルで2時間ほどを要します。

    当院で使用するリンガルブラケット矯正装置(ALIAS)は、従来の装置よりも歯周組織への負担が軽くなっていますが、その特長や注意点をご理解いただくことで、より快適な矯正治療をかなえることができます。
  6. 6

    歯の移動期間
    [ 1年~2年半 ]

    装着後は、4〜8週間ごとに来院していただいて装置の調整をおこないます。治療内容にもよりますが、1回にかかる時間は30分~1時間程度です。治療期間は、顔の骨格や歯並びの難易度によって大きく変わりますが、目安としては、でこぼこな歯並びの患者さまの場合、1年~2年半くらいかかります。

    当院で使用するリンガルブラケット矯正装置(ALIAS)では、毎回の調整にかかる時間も治療期間も従来に比べて短縮され、痛みなどの身体的な負担も格段に軽減されています。
  7. 7

    保定と定期検診
    [ 1年半~2年半 ]

    歯の移動が完了すると、すべての装置をはずして治療終了となります。これ以降は「保定」といって、移動した歯のあと戻りを防ぐために「リテーナー」という着脱できる保定装置を装着していただいて歯列を安定させます。歯列の安定には約2年前後かかります。装置をはずしたあとは、3ヶ月~半年に1回ほど受診していただき、歯列やかみ合わせのチェック、口腔内清掃など定期検診を受けていただきます。

治療費について Total fee

治療を始める前に
トータルの治療費をお伝えします。

イーライン矯正歯科では、治療開始前に治療費をトータルでご提示する定額制(トータルフィー)を採用しています。使用する装置代や毎回の治療調節料、保定装置、保定観察料が含まれていますので、治療途中に追加で料金が発生する心配はありません。治療回数や治療期間の増減によって治療費が変動することもないのでご安心ください。治療開始前に総額の治療費が明確になるため、費用にも納得して矯正治療を始めていただけます。

検査・診断

  • 初診カウンセリング
    無料
  • 検査料
    32,000
  • 診断料
    9,000

全体矯正治療

  • 舌側全体矯正治療費
    1,180,000 ~ 1,520,000

部分矯正治療

  • 舌側部分矯正治療費
    500,000 ~ 800,000

※すべて消費税別になります。

長期分割 / 利息なし

治療費のお支払い方法は、治療期間に応じた分割払いによる長期分割方式(最長48回払い)で無理なくゆっくりお支払いいただけます。分割払いの利息も一切かかりません。お支払い金額や回数は、当院からご提案する回数の中からご自由に選んでいただけます。ご設定いただきました金額は、毎月ご指定の口座から自動引き落としさせていただきますので、治療の際に現金をご用意いただく必要はありません。

よくあるご質問 Questions

ご予約について

予約のシステムは?
当院は完全予約制となっております。
なるべく患者様のご要望にお応えしてお取りしておりますが、夕方遅いお時間や土曜日はご予約が混み合っておりますのでご理解下さい。
予約の変更等は、早めにご連絡頂くことをお勧め致します。
装置装着後は、どれくらいのペースで通院するの?
矯正治療の調整は、1ヶ月~2ヶ月に一回の通院になります。
装置が外れたり、お痛みがある場合には、予約日以外でも拝見致しますのでご連絡下さい。
キャンセル等でご来院の間隔が空いてしまいますと、治療期間が延びてしまう可能性がありますので、ご予約日にお越しくださいますようご協力お願い致します。
治療は同じ先生に診てもらえるの?
患者様からのご希望があれば担当制にさせて頂きます。
その場合は、ご予約日を指定させて頂くことがありますのでご協力をお願い致します。
最終受付時間は何時?
当院の最終受付時間は、その日の治療内容によって変わります。
例:当院の診療終了時間19時、治療時間1時間の場合
最終受付時間は、18時となります。

矯正治療について

矯正治療のために歯を抜くことはあるの?
矯正治療で歯を動かすためにはすき間が必要となります。
当院ではなるべく歯を抜かない方法での治療ができないかを第一に考えております。
しかし、でこぼこが強かったり、歯と顎のバランスを考えて歯を抜いた方が良い場合もあります。
CTを撮ると、歯や顎のバランスが正確に分かりますので、当院ではCTを含む精密検査を行い患者様にベストな治療法をご提案させて頂きます。
矯正治療の痛みはどれくらい?
調整治療後の数日間に歯が浮くような違和感や咬むと痛いというような症状が現れますが、3日~1週間ほどで治まります。
舌側矯正装置にはどれくらいで慣れるの?
装置への慣れには個人差がありますが、2週間ほどで慣れて頂けます。
歯のデコボコがある程度並ぶまでにどのくらいかかるの?
歯の動きには個人差がありますが、当院のシステムでは、3~6ヶ月程で並んできます。
特に、裏側の装置は見えませんので、見た目がきれいになってくるのを早く実感していただけます。
前歯のみの部分的な治療はできるの?
出来る場合と出来ない場合があります。
治療出来る場合でも仕上がりに限界がありますので、実際に口腔内を拝見しご相談させていただきます。
矯正治療では何のためにゴムを使用するの?
上下の咬み合わせのズレや前歯の中心線のズレを治すために使用します。
ゴムを使用していただくことで治療期間の短縮へつながります。
すでに歯が無いところがあるが、矯正できるの?
特に大人の方の場合、すでに虫歯などで歯を抜いてしまっていることも多いと思います。しかし歯列矯正治療では咬み合わせを直すためのスペースを作るのに健康な歯であっても抜歯を必要とするケースが多くあります。すでに歯がない部位については、矯正治療のために歯を抜いたものとしてスペースのやりくりができる場合もありますので、まずはご相談下さい。
年齢が高いが、矯正できるの?
歯や歯ぐき、あごの骨などの状態が極端に悪い状態でない限り、いくつになっても歯列矯正治療は可能です。矯正治療は子供達のためばかりに行われているわけではありません。 しかし、歯並びの土台であるあごの骨の成長が終了していること、虫歯などですでに歯がなくなったり、軽い歯槽膿漏になったりしていることが多いなどの理由から、矯正治療には細心の注意と高い技術が必要になります。

矯正治療の流れについて

初診相談から矯正装置装着までにはどれくらいかかるの?
初診相談後は、検査・診断や装置を作るための準備がございますので、初診相談から2~3か月後に装置が装着されます。
特に卒業式、成人式、結婚式、ご就職等でお急ぎの患者様は、お申し出下さい。
装置装着までの流れを教えてほしい。
当院での初診相談から装置装着までの基本的な流れは以下の通りです。
初診相談→検査→診断→クリーニング→装置を作るための歯型採り→出来上がった装置をお付けします。
矯正治療前に詰め物や虫歯の治療は終わらせた方がよいの?
虫歯や詰め物があっても検査は可能です。装置を作るための歯型採りまでに終わらせて頂ければ治療上は問題ありません。
ただ、詰め物の処置は、矯正治療中は仮歯の状態にとどめて頂き、矯正治療後に咬み合わせに合った詰め物へやり直して頂きます。

矯正治療後について

矯正治療が終了した後は歯並びは一生キレイなの?
矯正治療後は、何もしないとデコボコや歯のすき間が戻ってしまう恐れがあります。
この後戻りを防ぐために、矯正治療後は保定装置をご使用頂きます。
保定装置はどのくらいの期間使用するの?
当院での保定期間は2年間となっておりますが、保定期間終了後もご使用頂くようおすすめしております。
保定期間終了後は使用時間を短縮して頂いて結構ですが、使用を完全にやめてしまうと後戻りする可能性があります。

治療費のお支払いについて

治療費の支払い方法は?
治療費のお支払いは、治療期間と保定期間の範囲内(最長48回)での分割払いが可能です。分割払いの際の利息はかかりませんので、無理なくお支払い頂くことが可能です。
矯正治療は医療費控除の対象になるの?
症例によっては、対象になるケースもございます。
詳しくは、国税庁のホームページ等にてご確認下さい。

その他

矯正治療以外の処置も治療してもらえるの?
当院は、矯正治療の専門医院となります。
そのため、虫歯や抜歯の治療、クリーニング等のメンテナンスやホワイトニング等の矯正治療以外の処置が必要な患者様は、他の一般歯科医院様にて、それらの治療を受けて頂きます。
一般歯科医院をどこか紹介してもらえるの?
当院よりご紹介可能な歯科医院様が、東京・千葉周辺にありますので、ご希望がございましたらご紹介致します。
特にかかりつけの歯科医院様がない場合は、お申し出下さい。
治療途中で地方や海外へ転勤する可能性があるが、その場合はどうなるの?
当院から紹介可能な先生がいる地域へご転勤される場合は、矯正歯科を紹介致します。
その他の地域へ行かれる場合には、ご自身で最寄りの医院様へ行って頂くこととなりますが、当院で採得した資料や治療経過の報告書等をお渡し致しますので、引き続き転院先の医院様で治療を継続して頂けます。
また、治療費もご精算致します。
診断書は出してもらえるの?
ご希望の方へは診断書をお出ししておりますので、受付へお申しつけ下さい。
食事で気を付けることはあるの?
硬い物や粘着性の食べ物を召し上がる際はご注意ください。

アクセス / 診療時間

〒102-0074 東京都千代田区九段南2-5-7
Google Maps
13:00 - 19:00
13:00 - 19:00
13:00 - 19:00
closed
13:00 - 19:00
9:00 - 17:00
日祝
closed

※新型コロナウィルス感染防止対策のため、
診療時間を変更させていただくことがございます。

お問い合わせ

03-3264-8814 初診相談 (無料) /  資料請求