院長コラム リンガルとともに33年
2000年代編|究極の装置の完成へ
裏側矯正でパッシブルセルフライゲーション・ブラケットを初採用
 更にSTb-SL、ALIASではリガチャーワイヤーを必要としないセルフライゲーションブラケットの開発を行い採用しました。
 リガチャーは、ドクターの手作業となる為、時間がかかり患者さんにとってもチェアタイム(治療時間)が長くなるので、負担を強いられることになります。
 結び方が悪いとワイヤーが外れてしまうこともあり、ドクターのスキルによって治療のばらつきが出てしまうという難点もあります。ですから、こうした治療のばらつきを出来るだけ少なくするという目的がありました。
 そこで採用したのが、セルフライゲーションブラケットで、これはブラケットに蓋がついており、ワイヤーを通した後にこの蓋を閉じることで、アーチワイヤーが外れるのを防ぐ仕組みになっています。セルフライゲーションのブラケットには、アクティブセルフライゲーションとパッシブセルフライゲーションがあります。
 アクティブセルフライゲーションは、ブラケットの蓋の開閉部分がスプリング式になっています。この方式では、歯を動かすための強い力が加わるとワイヤーが引っ張り出されてしまうリスクがありました。
 一方、STb-SL、ALIASで採用しているパッシブセルフライゲーションでは、ブラケットの蓋の開閉部分がシャッター式になっており、1度シャッターを閉じれば、常に一定のスロットのサイズになります。これは、リガチャーやアクティブセルフライゲーションではなしえないことです。
 キャップが閉じればワイヤーが奥までしっかり入ったことを意味し、それはドクターでも、衛生士でも誰がおこなっても同じ結果が得られるので、特別な経験やテクニックは必要なくなります。又、リガチャーに比べて時間もかからない為、チェアタイムが短くなり患者さんの負担も減ります。
 従来のブラケットでは、リガチャーの仕方や微妙な力加減によって、きつく固定されたり、ゆるかったりと、あそびの部分(ワイヤーとスロット間の隙間)に違いがでてしまっていました。つまり、リガチャーであるということは、スロットの形状が決して一定ではないという事を意味します。
 アクティブセルフライゲーションのスプリングキャップも同様で、キャップが閉まったからといって、ワイヤーが奥までしっかり入っているかどうかは確認できません。
 その点、パッシブセルフライゲーションでは、シャッターを閉じることでスロットの形は一定となり、チューブのような構造となるため360度のコントロールが可能となります。
 セルフライゲーションブラケットのメリットはまだあります。リガチャーワイヤーを使用しないため、結紮するときに生じる摩擦抵抗がほぼゼロとなり、弱い力で歯を動かすことが出来るのです。このことを"ローフォース・ローフリクション(Low-force,Low-friction)"といいますが、従来の治療ではブレーキをかけながら、アクセルを踏んでいるような状態でしたが、セルフライゲーションシステムでは、ブレーキとなる摩擦抵抗がほとんどなくなる為、弱い力でも歯を動かす事が出来るのです。その結果、患者さんの負担も軽減し、治療期間の短縮化にもつながります。
 こうした利点を持つパッシブセルフライゲーションブラケットを裏側の装置に採用した例はそれまでなく、私が5年の歳月をかけて開発し、STb-SL、ALIASにおいて結実させることに成功しました。

 
 
 
 
 
 
 
  • Mobile Site
  • 携帯QRコード
  • Link Site
  • World Society of Lingual Orthodontics
  • 大人のための裏側矯正歯科
  • 歯科矯正STbネット
イーライン矯正歯科
〒102-0074
東京都千代田区九段南2-5-7
Phone : 03-3264-8814
Fax : 03-3264-8831
 
 
Copyright© 2001-2017 E-LINE All Rights Reserved.